チアシードの栄養分とは

シソ科ミント属サルビアの一種であるチアシードは南米ではとてもポピュラーなスーパーフードのひとつです。
その小さな粒からは想像できないほどに、豊富な栄養素が含まれています。

この粒を水に浸すことで10倍にも膨れてジェル状になるのが特徴的。
ジェル状の部分はこんにゃくなどにも含まれるグルコマンナンという食物繊維です。




●チアシード10g(大さじ1杯)の栄養価

・エネルギー…49kcal
・食物繊維…3.4g
・タンパク質…1.6g
・カルシウム…63mg
・マグネシウム…34mg
・鉄…0.77mg
・亜鉛…0.46mg
・オメガ3脂肪酸…1.78g

大さじ1杯のチアシードに含まれる食物繊維はレタス300g分の量に匹敵します。
食物繊維は便秘解消やデトックスに効果的でダイエットに役立ちます。

また、チアシードには日本人に不足しがちなカルシウムも豊富。
大さじ1杯分で、1日に摂取すべきカルシウムの約10分の1の量が摂れてしまいます。
カルシウムとマグネシウムが2:1の割合で含まれているのも理想的。

不足すると貧血や免疫機能の低下の原因にもなる鉄分や亜鉛も豊富に含まれているのも魅力的です。

体内で生成されないオメガ3脂肪酸の不飽和脂肪酸の一つ、αリノレン酸も含まれています。
αリノレン酸はコレステロール値を下げる作用があり、脳を活性化させる効果もあります。アレルギーの発症を抑える働きもあり、アンチエイジングに役立ちます。

大さじ1杯のチアシードには、これだけ多くの栄養素がつまっています。

ページの先頭へ